イベント情報一覧

群馬キッズステージ2016の軌跡 1章【群馬キッズステージ立ち上げ】
2016.9.2

【群馬キッズステージ立ち上げ】

2015年の群馬キッズコレクションが無事終わり達成感、そして反省。
グリーンドームでの経験が、キッズステージを開催するきっかけになった。





「いつか子ども達の未来につながるようなステージを開催したい」みんなで共有した言葉。
メンバーと何度もミーティングをして2015年の12月、開催の決意をした。


群馬舞台演出




立ち上げから何度もメンバーに確認したこと、それが

「開催する覚悟があるのか」

何度も確認しながらチームの意識を上げて計画を進めていきました。

そして3回目のミーティング、

大川「本当にキッズステージ開催する覚悟できてる?」

これでもう3回の確認。

ミーティングするたび何度も同じことを聞かれメンバーも唖然。

ミーティングからリハーサル、そして本番とこれからメンバー全員にかかってくる負担など考えもっと意識を高くしたかった。
そしてキッズステージで共に成長し、自分たちの未来にもつながる企画にしたかったからこそ厳しくメンバーに問い詰めながら計画を進めた。



そして4月7日。
ウェブが出来上がり最初の本格的なミーティングをスタジオで。


群馬ステージ制作

ファッションショー




募集の準備ができ、開催場所も決定しリハーサル日程も決まりました。

いろいろ考えていることが形になり、メンバーの表情も力強く自信に満ちたいい顔をしてました。





キッズステージで何かを決めるときに必ずみんなで考える事、それが

子どもたちの未来につながっているのか?
ただの発表会になってしまっていないか?
ダンスのコンテストになってしまっていないか?
見せ物になってしまっていないか?
本当にこどもたちの未来につながる事なのか?


ミーティングで方向がずれてしまいそうになったり、意見が分かれたり、ぶつかりあったりするときみんなで何度も振り返る。





「子どもたちの未来につながっているのか?」


何度も何度もミーティングし、スタッフ同士もぶつかり合いながら企画を進めどんどん形に。


そうして群馬キッズステージオーディション当日を迎えた。

PAGE TOP