イベント情報一覧

群馬キッズステージ2016の軌跡 9章【第二回リハーサル】
2016.11.28

【第二回リハーサル】
そして二回目のリハーサル。

二回目からはグランプリ部門とパフォーマンス部門で分かれての練習。




今回のリハーサルのゴールは、
「馴れ合い」からライバルへ」
各自ランウェイの練習から、個人指導へ入りライバル心を掻き立てる。


ランウェイがある程度できる子には、モデルになるメゾットをセミナー形式で本格指導。
少し難しいかなと思いましたが、小学校高学年の子どもたちの自立期(反抗期ともいう)では誰よりもアカデミーを吸収し、目の色が変わるほどの変貌を遂げた。


親御さんとお話をする機会がありますが、家に帰った子ども達は机にメモを貼ってステージに備えて練習をしていると聞きます。
「自ら行動を起こす」「自ら好きなことをする」
今の子ども達に必要な大事なことをしていることを聞いた時、「やってよかった!」と心から思いました。
そして最後はまた親の前でランウェイで成果を見せる。
少し恥ずかしがる女の子、堂々と歩ける子、いろんな意味で成長を見ることができました。
そして午後はパフォーマンス部門。

みんな一生懸命自分のパフォーマンスを見せ合い高め合う。

また、オープニングを飾るチーム全員でのパフォーマンス練習はとても有意義な練習となった。
他のチームからフリを学び、そして子ども達同士で教えあう。





より一体感のある練習ができました。
「馴れ合い」からライバルへ。
第二回目のリハーサルが終わった。

PAGE TOP